会社案内

ご挨拶

代表取締役社長 田中

株式会社 田中精工  代表取締役社長

弊社は、昭和39年に創業、現在50年以上の歩みを重ねることができました。
これもお客様やご協力いただく各メーカーのみなさまの賜物と感謝いたしており、心よりお礼申し上げます。
弊社は、あくまでも「ものづくり」という事にこだわり、職人集団の会社を目指し、日々努力しております。
職人技で成し得る感性と急速に進化するIT技術を活用し、良いものをより確実にお客様にお届けしております。 日本の良き伝統技術、精神を伝え残すことを心がけながら、「逃げない」、「ごまかさない」を守り、また、「五行相生」の気持ちを持ち、これからもみなさまに愛され信頼される会社にする所存でございます。
この先、国内空洞化などいろいろなテーマに直面すると思いますが、「やらずに出来ることはなし、まず始めよう、その先に違う景色が見えるから」の心の芯にして、社員全員でとにかく前へと進み、テーマを乗り切って参ります。 田中精工に皆々様のより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 田中精工 専務取締役 小林孝之

我々は、半世紀以上受け継がれてきた独自の技術、経験を活かし、「ものづくり」をしている会社です。 ものづくりの世界では、「変えていかなければならないもの」と「変えてはならないもの」とがあると思っております。 「変えていかなければならないもの」とは、お客様のニーズにお応えするために、今まで多様な経験から得た、技術を駆使し固定概念にとらわれず、“構想”、“設計”、“製作”し、お客様により安価な良い製品で、より使い勝手の良い物を提供し続けると言うことです。 「変えてはならないもの」とは、ものづくりをしていく上で、熱意を失わず、こだわりを持ち妥協しないと言う気持ちを続け、ものづくりに励むことだと思っております。

製造部紹介 製造部部長 秋田寛之

製造部では、設計部(お客様)の図面に、より忠実に加工製造を行っています。 フライス加工による直角度や研磨加工による平行度・はめあい精度は、特にこだわりを持ち、加工・組み付け・測定・仕上げを一貫して行っております。 製造部一同が各々の受け継がれた知識や技術を最大限に活かし、現状で満足することなく、日々一人一人が技術力の向上を念頭に置き、より良い製品の「作り込み」を目指しております。

経営方針・経営理念

  • 検具、治具メーカーとして、常に新しい発想をもってお客様のご要望に対応する
  • 妥協せず、今時点の最高技術でものづくりを行い、お客様にお届けする
  • どんな状況においても「逃げない」、「ごまかさない」、「五行相生」の精神で、高い目標を掲げ挑戦する
  • 環境に配慮し、社会に貢献する
  • 人材育成に全員で努力する

技術部紹介 技術部部長 佐藤浩一

当社の技術部は、お客様と直接コンタクトを取り、お客様のニーズにあった品質の良い製品の提案、設計を担っています。
設計への考え方としましては、お客様のご要望にお応えするよう現状に満足せず、常に向上心を持って設計者の技術と経験を活かし、細部まで提案、検討しながら妥協なき粘りでより良いものづくりを追求しています。
また、短納期、低コストにも対応できるよう、新しい技術も積極的に取り入れ、設計者各個人のレベルアップを図り、日々、努力しております。

五行相生

五行が対立せずに、互いに助け合い互いを生じていく、非常に良い関係。
木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じる、という循環。

五行相生図
木生火

木が火を生む関係。
木をこすり合わせると火が生じることから

火生土

火が土を生む関係。
火が燃えると灰(土)が生じることから

土生金

土が金を生む関係。
土が集まると山をなし、その山から鉱石(金)がとれることから

金生水

金が水を生む関係。
金属が冷えると表面に水を生じることから

水生木

水が木を生む関係
水を養分にして木が生長することから

会社概要

会社名 株式会社 田中精工
所在地 〒510-0801 三重県四日市市三ツ谷東町3-19
電話/FAX 059-330-6090/059-330-6091
代表者 田中 隆彦
資本金 1,000万円
主要取引銀行 菱東京UFJ銀行 四日市中央支店、百五銀行 日永支店、愛知銀行 四日市支店
主な取引先 株式会社エイチワン、株式会社ユタカ技研、株式会社ベステックキョーエイ、新協工業株式会社、豊田鉄工株式会社
事業内容 検査治具、溶接治具、各種専用機の設計製作
従業員数 役員6名、従業員9名

アクセス

沿革

1964年10月 田中義雄が金型製作を四日市市日永3丁目2-43にて始める
1967年5月 溶接治具部品及び専用機製作
1977年1月 試作治具および検査治具製作
1980年10月 設計製作を始める
1986年7月 有限会社 田中精工 設立
設計室、事務所を四日市市日永3丁目1-26に新築
1988年3月 CAD導入
1990年5月 食品専用機 製作
1993年4月 CAM導入
2001年1月 検査室を四日市市日永3丁目1-26に増築
レイアウトマシン導入
2001年7月 株式会社 田中精工と改組
2004年10月 創立40周年を迎える
レイアウトマシン連動PC導入
2006年1月 本社工場を四日市市三ツ谷東町3-19へ移転
2014年10月 創立50周年を迎える